CardWirth Knowledge Network Archive

1064記事から

効果コンテント1つで『暴露→暴露解除』することにどんな意味があるのですか?

カテゴリ:エディタ
重要度:70%
        
  • 使用時イベントで効果を起こして効果を中断させる場合、効果の部分に何も入ってないとコンピューターがそのカードを使ってくれないのでいれておくダミー効果に使います。
  • HP全快のキャラクターをHP回復させた時など、カード効果が現れない場合に「カキーン」という(魔法を弾き返す時の)効果音がしてしまいます。何も効果がなかったとは言え、幾らなんでも睡眠時や怪我の手当ての時に「カキーン」は不自然ではあります。
    そこで、その効果に「暴露→暴露解除」を入れれば「カキーン」音を鳴らさないようにすることができるのです。
    これは別に「中毒→中毒解除」「呪縛→呪縛解除」「睡眠→精神正常」などでも構わないのですが、それでは中毒状態や呪縛状態、睡眠状態まで回復してしまいます。そこで、あまりPCに対して使われることが少ない「暴露状態」を利用する訳です。
  • 「呪縛→呪縛解除」「睡眠→精神正常」はだめです。対象になったPCがまだ行動してない場合、行動がキャンセルされます。さらに、カードもばらばらになるので…。

    それを逆手に取る手もありますね。
  • 使用時イベントで効果を起こして効果中断コンテントを用いる事は、
    キーコードが発火しなくなる為お勧め出来ません。
  • 戦闘中以外の状況、例えば休息・治療イベントなどでは「呪縛→呪縛解除」「睡眠→精神正常」でも問題ありません。
  • 暴露→暴露解除で、使用時イベント後、
    そのまま効果を出させれば、キーコード発火も可能です。

    ただし、敵に行う場合、暴露が解ける、という弱点もありますが、
    PCが使うスキルの場合、使用時イベントで、
    敵NPCを選べないので問題は特にないはずです
    敵に使う効果がそもそも本来の効果で入るため、
    中断が意味を為さないからです。